お問い合わせ窓口

企業の社会的責任(CSR)

 

日本でのCSR活動概要

従業員と会社が一体となった社会貢献活動を目指して

アジレントは、事業展開している各地域において、経済的、技術的、社会的な資産となり、お客様、従業員、株主、取引業者・パートナーや社会など、すべてのステークホルダー(アジレントをとりまく関係者)から信頼される会社でありたいと願っています。そのために、技術や人材、製品など、当社が有する資産を有効活用し、社会が抱える課題に積極的に取組み、社会との共生を図っていくことが、当社が果たすべき責任だと考えています。また、従業員一人ひとりも、それぞれの立場や環境に応じての社会参加を常に心がけて欲しいと思っています。このような考えに基づき、当社では、「科学技術の振興と健全な生活環境への貢献」を重点分野として、多くの従業員の支援と参画による社会貢献活動を積極的に展開するとともに、従業員の社会参加を促進するための支援制度の整備も行ってまいりました。会社と従業員が一体となって、社会の持続的な発展に貢献できる企業を目指してまいります。

 

 

ひらめき工房アジレント こども科学実験教室
こどもの理科離れが叫ばれるなか、科学のおもしろさや驚きを体験してもらう実験教室を、当社の本社・八王子事業所で実施しています。アジレントの従業員ボランティアも積極的に参加しながら、こどもたちに科学の不思議な世界の体験や実際のものづくりへの挑戦を通じて、科学する心の大切さを伝えています。

詳細はこちら

ひらめき工房アジレント アジレント・アフタースクール
アジレントが提供する20種類のキットを使って、こどものものづくりへの興味、思考力、発想力を高めることを目的とした実験教室です。学校、地域イベント、ボーイ/ガールスカウトなど、さまざまな場所でアジレントの従業員や元従業員がボランティアとして講師を務めます。実験キットには、地球環境を汚さない太陽の光で走る車を作りながら、車の基本的な構造や仕組みを学ぶ「ソーラーカー」や、ふくろうのペリットの内容物を観察し 生態系を学ぶ「ふくろうのペリット」などがあります。

詳細はこちら

女子中高生の科学体験Day
National Engineers Weekにあわせ、女子中学生・高校生を対象にアジレントの女性エンジニアが講師を務める「未来の女性科学者/エンジニアのための科学実験教室・交流会」を2005年から毎年、開催しています。科学実験教室では、ゲルマニウム・ラジオの製作を行います。製作の過程では実際に電波の波形などを観測し、ものづくりの意義と放送や通信の原理を理解できるよう工夫しています。実験教室後の交流会では、先輩エンジニアと女子中学生・高校生が、昼食をとりながら意見交換をする場を設けています。長期的には将来の日本の女性科学者・エンジニアの育成に役立つことを期待しています。

 

アジレント“”ファンド
非営利団体を通じた市民活動支援と従業員のボランティア意識向上のために、従業員からの寄付金総額と同額をアジレントが加えて寄付を行う「アジレント“”ファンド」を実施しています。アジレント“”ファンドの参加方法の一つとして、給与や賞与からの控除により、自動的に寄付を行うことができる制度も導入しています。歳末たすけあい募金や大規模災害援助のための募金にも、会社から同額を上乗せして寄付を行っています。アジレント“”ファンドによる寄付総額は、年間500万円にのぼります。

 

  • アジレント""ファンドの寄付先
    • 《福祉》 中央共同募金会、兵庫共同募金会、東京共同募金会、日本盲導犬協会
    • 《医療》 ピープルズ・ホープ・ジャパン
    • 《青少年育成》 日本ユニセフ協会
    • 《自然環境》 日本自然保護協会

 

環境への取り組み
アジレント・テクノロジーは、倫理的、社会的責任を自覚し、環境に配慮した実現可能な方法で取り組みます。現在進行中の取組みとしては、全社的に環境保護を推進してきたHPの伝統を引き継ぎ、さらに強化していきます。

アジレントは環境維持に関する次の3つの目標に取り組みます。

  • 全ライフサイクルにわたって環境的に健全な製品とサービスを提供します。
  • 全世界の事業所で、環境に対する責任を重視し、操業を行います。
  • 環境維持と矛盾しない会社の方針を追求します。

 詳しい情報については、当社のグローバルサイト(英語)をご覧ください。

 ISO14001の取得状況については、こちらをご覧ください。

 

社会貢献関連の表彰歴

マスコミの方からの取材申し込み受付中のCSR関連イベント

 アジレント・アフタースクールのキットを使った実験教室は、随時、開催しております。